点を取るために、覚えるために

本日は冬期実力テスト1日目!

今日が登校日の学校もあったので、明日もテストを受けられる事にしたので2日間にわたってのテスト日!

冬期講習での学習内容が思いっきり出てきますので、いかに冬期講習課題の完成度をあげたかが点数アップのカギになってきます!

直しをしっかりしていたとしても覚えていなければ全く意味がありません!

どんなにきれいな直しノートを作れたとしても、継続的な記憶につながらなければ点数にはつながらないのです。

きれいなノートは見た目はいいのですが、それで点数に結びつかないのであれば、もっと記憶に残すための工夫をしていかなければいけません!

きれいにまとめるページもあれば、くちゃくちゃになるくらい練習しまくったページもあっていいのです!

点数を取るために記憶に残すための直しをしなければいけないというのは絶対です!

直し方には人それぞれ覚えやすい練習の仕方など変わってくるとは思いますが、基本的に覚えなければいけないという強い意識と、何度も書くという反復!この二つがあればよっぽどのことが無い限り覚えられます!

ただ書いて出すだけの小学校の漢字練習のようなものでも、結構記憶に残っていたりもします!

はっきり言ってそれは良いやり方、効率の良いやり方ではないですが、同じ時間をかけて何の意識もせずにただ見栄えだけのいいノートを1回作っただけではそんなに変わらないです!

そういったことも経験して自分で気付いていくことが一番いいのかもしれませんが、それがなかなか自分では気付けず、また気付いたとしても他のやり方に変えることがなかなかできなかったりします。

受験生はもう本当に時間がありません!

今までの経験から反省し、残されたあとわずかな時間を本当に本気で精いっぱい頑張ってほしいと思います!

こちらも精いっぱい協力していきますので!

ではまた明日、、、